台風データ

発生日時: 持続時間:
最大発達率: N, E) 最低中心気圧:
経路
アメダス
850hPa風速

hPa(N,E)

最大発達率の地点(

 
天気図
衛星写真
可降水量
台風の特徴
2006年(平成18年)9月10日にフィリピン東方で発生した台風13号(Shanshan)は、発達しながら北西進し、12日にはフィリピン海上を西進した後、14日に北へ転向した。15日午後に先島諸島を猛烈な勢力のまま通過し、東シナ海を北東へ進んだ。17日午前に長崎県に上陸し、同日午後に日本海へ抜けた。18日午後に、日本海上で温帯低気圧に変化した。
災害情報

[被害情報]

この台風および秋雨前線の影響で、少なくとも1道15県で人的被害、住宅被害など甚大な被害が生じた。

①北海道では、軽傷者1名、住宅一部損壊126棟の被害が出た。道内の在来線や航空・海上交通に欠航が相次いだ。

②鳥取県では、1名が死亡、住宅1棟が一部損壊する被害が生じた。

③島根県では、死者1名、軽傷者1名の人的被害が発生した。住宅被害として、一部損壊29棟が生じた。

④岡山県では、床下浸水1棟の住宅被害が発生した。ライフライン障害として、県内3,300戸が停電した。また国道313号線が法面崩落のため通行止め、JR山陽本線や芸備線などが運休する交通障害も発生した。

⑤広島県では、死者1名、軽傷者7名、住宅全壊4棟、半壊6棟、一部損壊27棟、床上浸水74棟、床下浸水441棟の被害が生じた。交通障害として、中国自動車道で通行止め、県内の鉄道(山陽本線、呉線、可部線、広島電鉄など)も運休したほか、船舶、航空にも欠航が相次いだ。

⑥山口県では、重傷者1名、軽傷者13名の人的被害が生じた。住宅全壊として半壊4棟、一部損壊61棟が発生した。県内の約20万戸で停電が生じた。また塩風害や倒伏の影響で、農業被害額約12億円の被害が発生した。

⑦愛媛県では、軽傷者1名の被害が生じた。県内の在来線全線が運休し、海上、航空併せて200便以上が欠航した。

⑧高知県では、4件の住宅被害(全壊2棟、床上浸水2棟)が発生した。県内の国道および県道では、山崩れや雨量規制の影響で通行止めが相次いだ。

⑨福岡県では、人的被害として死者1名、重傷者2名、軽傷者69名、住宅被害として全壊2棟、半壊14棟、一部損壊1,573棟、床下浸水5棟が発生した。塩害などの影響で、農業被害額約80億円の被害が生じた。

⑩佐賀県では、死者3名、重傷者3名、軽傷者28名、全壊7棟、半壊8棟、一部損壊2,906棟、床上浸水54棟、床下浸水369棟の人的、住宅被害が発生した。河川232箇所、道路238箇所、港湾施設10箇所に被害が発生し、ライフライン障害として県内の約12万世帯で停電が生じた。また、水稲や大豆を中心に塩風害などが発生し、農業被害額約200億円の被害が生じた。

⑪長崎県では、重傷者7名、軽傷者61名の人的被害が発生した。住宅被害として、全壊3棟、半壊73棟、一部損壊5,079棟、床上浸水58棟、床下浸水354棟が生じた。河川241箇所、道路214箇所などで被害が発生し、約30万戸が停電となった。県内の在来線や私鉄では、かけ崩れ、倒木などの影響で運休となった。農業被害額は約96億円に上った。

⑫熊本県では、重傷者7名、軽傷者7名、半壊2棟、一部損壊65棟の被害が出た。ライフライン障害として、20市町村で約9万戸で停電が生じた。

⑬大分県では、死者1名、負傷者8名、住宅全壊1棟、半壊1棟、一部損壊92棟、床上浸水1棟、床下浸水4棟の被害が生じた。

⑭宮崎県では、台風の接近に伴って17日午後にF1からF2の竜巻(延岡竜巻)が発生し、日豊本線の列車脱線・転覆事故をもたらした。死者3名、重傷者4名、軽傷者148名、全壊117棟、半壊354棟、一部損壊981棟の甚大な被害が発生した。

⑮鹿児島県では、人的被害として重傷者3名、軽傷者11名、住宅被害として一部損壊36棟、床下浸水3棟が生じた。

⑯沖縄県では、台風通過による突風被害として、重傷者5名、軽傷者61名、住宅全壊23棟、半壊52棟、一部損壊245棟の被害が出た。八重山地方を中心に船舶の転覆、沈没など11件の被害が生じたほか、ライフライン障害として、石垣島や宮古島などで併せて約3万世帯が停電した。また農業被害額約9億円の被害が発生した。

[気象・海象状況]

佐賀県伊万里市で期間降水量が402mmに達したほか、長崎県西部の各地では300mmを超えた。16日には、広島県安芸高田市で日降水量193mmを記録し、観測記録1位を更新した。また、大分県佐伯市では1時間降水量122mmを、佐賀県唐津市では89mmを観測し、いずれも極値を更新した。同じく16日に、沖縄県では、西表島で観測記録を更新する最大瞬間風速69.9m/sを観測したほか、多良間では最大風速42m/sを観測した。17日には、長崎県野母崎で最大風速46 m/sを記録し、全国15箇所で最大風速の極値が更新された。

17日には、長崎県福江島で5.74mの有義波高を観測した。