台風データ

発生日時: 持続時間:
最大発達率: N, E) 最低中心気圧:
経路
アメダス
850hPa風速

hPa(N,E)

最大発達率の地点(

 
天気図
衛星写真
可降水量
台風の特徴
2009年(平成21年)8月9日に大東島の東海上で発生した台風9号(Etau)は、ゆっくり発達しながら北西進し、10日には四国沖で東へと転向した。日本南岸に沿って東進し、11日には八丈島近海を通過し、13日に日本の東方海上で温帯低気圧に変化した。
災害情報

[被害情報]

この台風に伴う暖湿気流の影響で、少なくとも1都2府16県で甚大な被害が発生した。

①福島県では、一部損壊1棟、床下浸水15棟の住宅被害が生じた。ライフライン障害として、郡山市などで約610世帯が停電した。また、県内の在来線(水郡線や常磐線など)で運転見合わせが相次いだ。

②茨城県では、住宅被害として一部損壊1棟、床下浸水14棟が発生した。県内の約1,000戸で停電となった。交通障害として、がけ崩れの影響により常磐線で運休が生じた。

③栃木県では、床上浸水9棟、床下浸水38棟の被害が発生した。県内の鉄道(東部鬼怒川線、JR宇都宮線、JR日光線など)で運転見合わせが生じた。

④群馬県では、一部損壊3棟、床上浸水1棟、床下浸水10棟が発生したほか、県内の約7,000戸で停電が発生した。

⑤埼玉県では、住宅971棟が浸水したほか、県内の道路225箇所が冠水する被害が生じた。

⑥千葉県では、一部損壊4棟、床上浸水51棟、床下浸水178棟、道路64箇所、橋梁1箇所に被害が発生し、県内の在来線の多くも運休となった。

⑦東京都では、住宅被害として床上浸水40棟、床下浸水132棟が発生した。

⑧神奈川県では、人的被害として重傷者1名、住宅被害として一部損壊3棟、床上浸水2棟、床下浸水14棟が生じた。ライフライン障害として、横浜市や藤沢市の約5,500世帯で停電が生じた。このほか、国道412号線、県道70号線などで通行止めとなる交通障害が発生した。

⑨長野県では、1名が死亡した。住宅被害として、半壊71棟、一部損壊1棟、床上浸水38棟、床下浸水278棟が発生した。

⑩京都府では、軽傷者1名の人的被害が発生したほか、住宅236棟に浸水被害が生じた。

⑪大阪府では、住宅1棟が一部損壊した。

⑫兵庫県では、暖湿気流の流入に伴う集中豪雨の影響により、死者20名、負傷者7名、住宅全壊166棟、半壊943棟、床上浸水334棟、床下浸水1,494棟、一部損壊2棟、農林水産被害額約185億円等の被害が発生した。

⑬奈良県では、住宅被害として、床上浸水5棟、床下浸水163棟が生じた。

⑭岡山県では、死者1名、重傷者2名、軽傷者2名の人的被害が発生した。住宅被害として、全壊14棟、半壊114棟、床上浸水204棟、床下浸水311棟が発生した。土砂崩れの影響により、JR姫新線や智頭急行で運転見合わせが生じた。

⑮徳島県では、県内24箇所でがけ崩れが発生し、死者3名、重傷者1名、全壊3棟、一部損壊11棟、床上浸水153棟、床下818棟の被害が出た。

⑯香川県では、住宅46棟で床下浸水の被害が発生した。

⑰愛媛県では、重傷者1名、半壊1棟、一部損壊2棟、床下浸水5棟の被害が生じた。国道440号線や33号線などで雨量規制のため通行止めが生じた。

⑱高知県では、住宅被害として、一部損壊1棟、床上浸水6棟、床下浸水15棟が発生した。県内の在来線も運休し、国道321号線や197号線では土砂崩れによる通行止めが生じた。

⑲大分県では、軽傷者8名、住宅被害として、半壊1棟、一部損壊2棟、床上浸水2棟、床下浸水18棟が発生した。

[気象・海象状況]

徳島県那賀町木頭出原で期間降水量が783.5mmに達したほか、高知県津野町船戸でも466.5mmを記録した。9日には、兵庫県佐用で24時間降水量が327mmに達し、観測史上1位を更新した。10日には、徳島県では徳島で1時間降水量90.5mmを記録したほか、全国11か所で1時間降水量の観測1位を更新した。