台風データ

発生日時: 持続時間:
最大発達率: N, E) 最低中心気圧:
経路
アメダス
850hPa風速

hPa(N,E)

最大発達率の地点(

 
天気図
衛星写真
可降水量
台風の特徴
2011年(平成23年)8月25日にマリアナ諸島近海で発生した台風12号(Talas)は、発達しながら北上し、30日には小笠原近海を北西に進んだのち、9月3日に高知県に上陸した。3日午後には岡山県に再上陸し、4日に山陰沖に抜け北東進したのち、5日午後に日本海で温帯低気圧に変化した。
災害情報

この台風の影響により、少なくとも28都道府県、特に紀伊半島を中心に甚大な被害(平成23年紀伊半島大水害)が生じた。

[被害情報]

①北海道では、一部損壊2棟、床上浸水6棟、床下浸水53棟の住宅被害が発生した。

②秋田県では、人的被害として重傷者1名が生じた。

③栃木県では、住宅7棟に被害が発生した。

④群馬県では、県内78箇所で土砂崩れが発生し、半壊1棟、一部損壊23棟、床上浸水17棟、床下浸水230棟の住宅被害が発生した。高崎市や伊勢崎市など合わせて約4,000世帯が停電するなどのライフライン障害が生じた。

⑤埼玉県では、死者1名、軽傷者4名、半壊1棟、一部損壊1棟、床上浸水19棟、床下浸水95棟の被害が発生した。交通障害として、県内の鉄道(JR八高線や西武秩父線)で運転見合わせが生じた。

⑥東京都では、住宅被害として一部損壊1棟が生じた。

⑦山梨県では、負傷者1名が生じたほか、住宅半壊1棟、一部損壊4棟、床下浸水13棟の被害が発生した。

⑧長野県では、住宅1棟が一部損壊する被害が生じた。

⑨岐阜県では、人的被害として重傷者1名、軽傷者2名が発生した。

⑩静岡県では、1名が負傷、住宅1棟が床上浸水、25棟が床下浸水する被害が発生した。

⑪愛知県では、重傷者2名、軽傷者23名の人的被害が生じた。また住宅被害として、一部損壊4棟、床上浸水1棟が発生した。

⑫三重県では、台風通過に伴う豪雨の影響により県内の40箇所で土砂災害が発生し、死者2名、負傷者17名の人的被害のほか、住宅全壊81棟、半壊1,077棟、一部損壊71棟、床上浸水702棟、床下浸水832棟の被害が出た。公共土木施設の被害は1,081か所に及んだ。また、ライフライン障害として約2万世帯が断水した。

⑬滋賀県では、人的被害として重傷者6名、軽傷者2名が生じた。住宅被害として、住宅一部損壊7棟、床下浸水1棟が発生した。

⑭京都府では、軽傷者7名、住宅一部損壊15棟の被害が生じた。

⑮大阪府では、軽傷者1名のほか、住宅2棟に被害が発生した。

⑯兵庫県では、死者1名、負傷者18名、全壊3棟、半壊121棟、一部損壊181棟、床上浸水1,010棟、床下浸水2,430棟の被害が生じた。

⑰奈良県では、県内33箇所で土砂災害が発生し、人的被害として死者14名、重傷者5名、軽傷者1名が生じたほか、全壊48棟、半壊71棟、一部損壊17棟、床上浸水14棟、床下浸水39棟の住宅被害が発生した。

⑱和歌山県では、県内各地で河川の氾濫や土砂災害等が発生し、死者56名、重傷者5名、軽傷者3名の人的被害に加えて、全壊240棟、半壊1,753棟、一部損壊83棟、床上浸水2,698棟、床下浸水3,146棟の甚大な住宅被害が生じた。紀伊本線の一部区間(那智駅から紀伊天満駅)で橋梁が流失したほか、国道311号線などが土砂崩れにより通行止めとなるなどの交通障害が生じた。また、ライフライン障害として県内の約3万世帯が断水した。

⑲鳥取県では、住宅被害として全壊1棟、一部損壊18棟、床上浸水17棟、床下浸水138棟が発生した。

⑳島根県では、住宅37棟が浸水する被害が生じた。

㉑岡山県では、5名が負傷したほか、住宅被害として全壊2棟、半壊133棟、一部損壊21棟、床上浸水952棟、床下浸水8,869棟が生じた。インフラ被害として国道313号や179号などで土砂崩れが発生した。また、農林水産関係被害は約35億円に上った。

㉒広島県では、死者1名、重傷者1名の人的被害が生じた。また、住宅4棟が一部損壊した。

㉓山口県では、軽傷者1名が生じた。

㉔徳島県では県内全域で、人的被害として死者3名、軽傷者1名、住宅被害として半壊1棟、一部損壊4棟、床上浸水37棟、床下浸水318棟が発生した。

㉕香川県では、死者3名、重傷者1名、軽傷者2名、全壊4棟、一部損壊7棟、床上浸水12棟、床下浸水274棟の被害が出た。

㉖愛媛県では、死者1名、軽傷者1名の人的被害が発生した。また住宅1棟が一部損壊したほか、63棟が浸水する被害が出た。

㉗高知県では、1件の住宅被害が出た。

㉘大分県では、1名が負傷した。

[気象・海象状況]

奈良県上北山村で期間降水量が1814.5mmに達したほか、紀伊半島の各地で1000mmを超えた。8月31日には、秋田県秋田市で1時間降水量58mmを記録したほか、9月1日には山梨県山中湖村で同69mm、4日には和歌山県新宮市で同132.5mm、三重県熊野市で同101.5mmを観測し、いずれも極値を更新した。また奈良県上北山村では、9月4日における最大72時間降水量が1652.5mmに達し、国内の観測記録1位を更新した。

2日には、静岡県石廊崎で6.57mの有義波高を観測した。