member2 of j-kawamura

HOME > Member

Profile

生年月日1960年5月
略  歴 1987年 筑波大学水理実験センター技官
1990年 筑波大学地球科学系助手
1990年 科学技術庁防災科学技術研究所研究員
1994年 科学技術庁防災科学技術研究所主任研究官
1998年 富山大学理学部助教授
2004年 富山大学理学部教授
2006年 富山大学大学院理工学研究部教授(改組による配置換え)
2007年 放送大学客員教授(兼任、2008年まで)
2012年 九州大学大学院理学研究院教授(現職)
学位・称号理学博士(筑波大学)
専門分野気象学・気候力学 (特に、モンスーン、異常気象、大気海洋相互作用、気候システム)
研究業績1. 学術論文: 最近の主要論文リストはEnglish versionを参照下さい
2. 著書: 「モンスーン研究の最前線」(編著)、「気候変動と水災害」(分担)、「気象ハンドブック第3版」(分担)など
受 賞 歴日本気象学会賞、科学技術庁長官業績表彰、三菱財団学術研究助成
非常勤講師歴学部: 広島大学総合科学部、熊本大学理学部、東京都立大学理学部、琉球大学理学部、富山大学理学部、放送大学、
大学院: 京都大学大学院理学研究科、首都大学東京大学院都市環境科学研究科、新潟大学大学院自然科学研究科、東京大学大学院理学系研究科、三重大学大学院生物資源学研究科、など
在外研究歴米国ハワイ大学気象学科客員研究員(1994-1995)
豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)大気研究部門客員研究員(2003)
所属学会日本気象学会 アメリカ気象学会 アメリカ地球物理学連合
委 員 等日本気象学会SOLA編集委員
気象庁異常気象分析検討会委員
内閣府日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会合同IGBP・WCRP合同分科会モンスーンアジア水文気候研究計画小委員会委員
など
最近の研究課題 1. 総観規模擾乱活動と大規模循環との相互作用に関する研究
2. 中緯度大気海洋相互作用に関する研究
3. 東アジアの異常気象発生メカニズムに関する研究
4. モンスーンの変動と予測可能性に関する研究
研究紹介・
トピック等
・地球規模から見た日本の夏の異常気象(旧富山大学ホームページより[PDF])
・印象に残る作品群(一部の論文をエッセイ風に紹介
・新聞等メディアへの取材協力(1997年以降を抜粋
Researchmap
九州大学研究者情報
その他趣味:以前はテニスとスキーでした。今は。。 近影(於研究室):ここをクリック
連 絡 先 〒819-0395  
福岡市西区元岡744 九州大学 大学院理学研究院 地球惑星科学部門
E-Mail "kawamura@"の後にドメイン名"geo.kyushu-u.ac.jp"を続けてください
Tel 092-802-4233  fax 092-802-4208