member3 of j-kawamura

HOME > Member

研究室旧スタッフ(FY2012~)

異動/退職
 旧 職 名 
 氏  名 
旧 所 属
現 所 属
メッセージ
16年度末事務職員(Administrative Assistant)竹田 美恵子 地球惑星科学部門事務担当異動
16年度テクニカルスタッフ (Research Support Staff)松本 昌巳 地球惑星科学部門他部局へ異動
15年度末事務職員(Administrative Assistant)小峰 ルミ子 地球惑星科学部門事務担当異動
15年度学術研究員 (Research Scientist)Anitha Kumari 地球惑星科学部門インドへ帰国
13年度末事務職員(Administrative Assistant)溝口 みどり 地球惑星科学部門定年退職
12年度末教 授 (Professor) 伊藤 久徳 地球惑星科学部門名誉教授(定年退職)
 常に新しい発見を。 
12年度末特任 助教 (Research Assistant Professor) 早崎 将光 地球惑星科学部門筑波大学 生命環境系 


博士/修士/学士課程修了(FY2012~)

 卒業/修了 
   氏  名    
論 文 題 目
メッセージ
16年度博修平田 英隆Roles of moisture and heat supply from warm currents in the rapid development of extratropical cyclones
16年度修了大元 和秀2014年8月20日広島豪雨における豊後水道の役割
16年度卒内村 壮男北半球盛夏期における台風と環境場との相互作用の研究Life Workを楽しもう。
16年度卒西原 佑亮西日本周辺域で報告された乱気流の発生環境場人間力。
16年度卒福田 創来九州上陸後の台風の構造変化に関する数値シミュレーション席からの景色がお気に入り。
15年度修了清水 宏幸長白山系による冬季日本海の総観規模低気圧活動の変調プニキ王への復活
15年度修了高倉 寿成台風中心近傍の水蒸気起源の定量的評価とその変動メカニズム向上心!!
15年度修了的場 徹先島諸島周辺におけるニンジン状雲の発生・停滞機構に関する研究量より質
15年度修了薬師寺 崚台風熱源が励起するテレコネクションパターンの多重時間スケール構造嘘でも前に
15年度卒平良 真純1993~1994年頃の日本の夏季気温のジャンプ現象について幸せなことは寝ること。
15年度卒中村 有希インドの熱波における季節的・地域的特徴の解析と発生要因の解明ごはん食べるのが好き
15年度卒藤原 圭太雲解像領域気象モデル(CReSS)を用いた台風の流跡線解析思い立ったら、則行動!
15年度卒山崎 行浩発達する温帯低気圧による関東地方の竜巻等の突風発生環境場着実に。
14年度博修本田 匠A numerical investigation of tornadogenesis associated with the interaction between a supercell and an outflow boundary 誰も知らないことをみつけるって、、、素敵やん
14年度修了河田 雅生スコールラインの下層風鉛直シア応答と発達期における構造変化歩いていこう
14年度修了幸田 純子自己組織化マップを用いた北半球夏季季節内変動に関する研究早寝早起きをがんばる
14年度修了都留 昌彦スーパーセルの発達における地形効果身体を鍛えたい
14年度修了鳥羽瀬 世宇夏季北極海周辺の低気圧活動の変動とその要因三代目コンポジットBrother's
14年度修了中野 優子黒潮続流域で最大発達率に達する最大クラスの爆弾低気圧の発生・発達要因日本酒検定に挑む♪
14年度修了吉住 蓉子発達初期段階の南岸低気圧の微物理構造朝と暑さに強くなりたいです。
14年度卒大元 和秀地形と気象ピン球野球の普及
14年度卒川又 麻央降雨による土砂災害の危険性を示す指数、およびモデルによる考察頑張る動機は不純でいい
14年度卒渡邊 洸悟台風によるベトナムの被害の現状と課題、今後の解決策について孫正義「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。」
13年度修了井上 拓也降水事例に対して雲微物理パラメタリゼーションスキームが与える影響我以外皆我師也
13年度修了尾堂 深南渦と渦の非線形相互作用強め女子
13年度修了工藤 督右同位体循環モデルを用いた梅雨期および台風の降水起源解析ベストサイスニストノミネート
13年度修了佐々木 大成ビデオゾンデ・HYVISの同時観測で得られた冬季北陸雪雲の微物理的・電気的構造について習慣を大事に!
13年度修了辻 宏樹渦(台風)の大きさの変化に関する研究旅に出よう。
13年度修了平田 英隆熱帯低気圧と大規模大気循環場の相互作用どうも、コンポジット兄さんです
13年度卒清水 宏幸冬季日本海側の雪、JPCZ磨かなければすぐ腐る
13年度卒高倉 寿成テレコネクションラーメン食べたーい(^-^)/
13年度卒的場 徹テーパリングクラウド研究。それは科学と自分への挑戦…
12年度博修栃本 英伍Development Processes of Baiu Frontal Depressions (梅雨前線帯の低気圧の発達過程)研究王にオレはなる! (27歳独身)
12年度修了石田 陽介日本近海で発生、発達する低気圧に関する気候学的な解析youcos
12年度修了田上 みゆき2010年10月20日奄美豪雨の解析雨とお友達になりたい.
12年度修了林 未知也熱帯における不安定な対流域の東進メカニズム方程式と対話したい.
12年度修了*遠藤 文倫中部日本の夏季静穏日における光化学オキシダントの日変化と熱的局地循環健康第一
12年度修了*河合 理也梅雨前線帯の低気圧活動と大規模循環場に関する研究Keep yo for it!
12年度卒河田 雅生様々な環境場におけるスコールラインの水収支解析非線形への挑戦
12年度卒都留 昌彦スーパーセルの振る舞いに地形が与える影響について研究の技術(と身体)を鍛えたい
12年度卒鳥羽瀬 世宇北極域の積雪・海氷面積の変動に対する低気圧活動の応答Please Please Please look at my i-phone
12年度卒中野 優子黒潮続流域で強い爆弾低気圧が発達する環境場とその要因防災士と日本酒検定3級がとりたい!海外行きたい!!
12年度卒古川 琢朗北太平洋の海氷と気象場の関係時間を有効に使います
 *注: 指導委託