トップページ爆弾低気圧データ2013年01月14日発生の低気圧 

爆弾低気圧データ
2013年01月14日発生の低気圧 

発生日時: 持続時間:
最大発達率: 3.09(35.0N, 146.2E) 最低中心気圧:
経路
アメダス
850hPa風速

hPa(N,E)

最大発達率3.09の地点

 
天気図
衛星写真
310K渦位
災害情報
[被害情報]
 2013年1月14日に九州南岸で発生した温帯低気圧は、北東進しながら急速に発達し、14日に日本列島へ接近した。この暴風や積雪などの影響で少なくとも18都道府県で、死者5名を含む人的被害、交通障害、建物被害、ライフラインの障害などが発生した。

①宮城県では、仙台空港の滑走路が一時閉鎖され、国内線74便、国際線4便が欠航した。鉄道は東北本線松島駅で上下合わせて7本が運休になった他、6本に最大38分の遅れが出て、1,500人が影響を受ける被害が生じた。
②福島県では、福島空港において国内線8便が欠航した。鉄道は磐越西船で運転見合わせ、道路は赤坂東野塙線、矢祭山八槻線、東北自動車道、磐越自動車道、常磐自動車道で通行止めとなる交通被害が生じた。
③茨城県では、死者2名、中傷者等24名、軽傷者78名の人的被害が生じた。農業施設の被害はパイプハウスの全壊等222棟にも及んだ。
④栃木県では、降雪による転倒、車のスリップによる事故等で、重傷者17名、軽傷者46名の人的被害が生じた。交通機関においては日光宇都宮有料道路他7ヶ所で通行止め、JR宇都宮線・JR水戸線・東武日光線他で運転見合わせ・運休・遅延などの障害が発生した。また、さくら市・那須鳥山市、那珂川町、高根沢町他26,400戸で停電が発生した。雪および強風による農業・農業施設被害合計は1,434万円にも及んだ。
⑤群馬県では、雪の影響でスリップ事故や転倒により、重傷者2名、軽傷者63名の人的被害が生じた。交通機関においてはJR高崎線で全線運転を見合わせた他、東武鉄道では特急19本運休、東部伊勢崎線で一部運休や遅延などの障害が生じた。また、高速道路では、上信越道松井田妙義から長野県側、館林ICから川口JCにかけて共に通行止めとなった。
⑥埼玉県では、死者1名、重傷者20名、中傷者等120名、軽傷者375名の人的被害が生じた。道路は東北自動車道、首都高速等、多数の道路で一時通行止めとなった。鉄道はJR宇都宮線、同高崎線等、多数の線区で一時運転見合わせとなった。
⑦千葉県では、負傷者456名の人的被害が生じた。住家被害は強風により3棟が一部倒壊した。農産物の損傷やパイプハウスの倒壊、ビニールハウスの破損など農業被害も生じた。道路はアクアライン連絡道やアクアラインが強風にのため一時通行止めになった。鉄道はJRでは306本が運休、一部路線で運転を見合わせた。航空機は71便が欠航し31便が他の空港に代替着陸した。
⑧東京都では、重傷者7名、軽傷者288名の人的被害が生じた。住家被害は4,200世帯で停電が生じた。鉄道はJR東日本では、常磐線・総武線・湘南新宿ラインなどで612本運休。私鉄各線では、運休や大幅な遅れが生じた。航空機は羽田空港発着便を中心に約550便の欠航が生じた。
⑨神奈川県では、重傷者6名、中傷者16名、軽傷者99名の人的被害を生じた。住家被害は一部倒壊が2棟生じた。鉄道は鶴見線全線、南武線の尻手駅から浜川崎駅で運転見合わせ、箱根登山鉄道の小田原駅から箱根湯本駅までロマンスカーが運休した。道路は首都高速道路、大黒線全線、湾岸線東扇島から並木、狩場線本牧JCから狩場IC下り、石川町JCから新山下IC下り、横羽線石川町JC付近下り、川崎線殿町から大師下り、県道70号、県道75号、県道736号で通行止めとなった。ライフラインは横須賀市で4,300軒、横浜市保土ヶ谷区で約400軒の停電が起こる被害が生じた。
⑩石川県では、14日13時頃、永平寺町藤巻の県道168号線で高さ約10 m、幅約20 mにわたって方面が崩れた。このため落石防止用の柵が一部損壊した。道路は15時30分から全面通行止めとなった。
⑪山梨県では、負傷者15名の人的被害が生じた。道路は中央道(上野原IC〜小淵沢IC)、中央道富士吉田線(全線)、東富士五湖道路(全線)、国道138号線籠坂峠が通行止めとなった。鉄道はJR東日本の中央線で特急10本の運休、富士急行線で1本の運休が生じた。ライフラインは、北杜市で約300軒、甲府市で約300軒、甲斐市で約700軒、大月市と都留市で100軒未満の停電が発生するなどの被害を受けた。
⑫長野県では、死者1名、重傷者2名軽傷者1名の人的被害が生じた。住家被害は一部破損が1棟、非住家の全壊が1棟発生した。道路は上信越道や長野道、中央自動車道の一部で通行止めとなった。航空機は4便が欠航した。鉄道は、長野新幹線は雪の重みで竹が線路に倒れた影響で10本の列車に遅れがあった他、JR中央線の特急あずさ上下7本が運休、JR大糸線や篠ノ井線では、運休や部分運休などの被害が出た。ライフラインは長野県内の各所において、雪の重さによる倒木などで6,320戸の停電が発生するなどの影響を受けた。
⑬岐阜県では、14日加茂郡白川町で1,700戸が停電した。
⑭静岡県では、積雪のため伊豆で国道、県道合わせて最大9区間が通行止めとなった。また、東部と伊豆を中心に国道、県道合わせて最大45区間でチェーン規制となった。
⑮三重県では、雪の影響で名張市内の約2,880世帯が一時停電する被害が生じた。
⑯大阪府では、負傷者4名の人的被害が生じた。ライフラインは河内長野市で約840棟が停電となる被害が生じた。
⑰奈良県では、名坂国道・天理東〜山添IC間、京奈和自動車道・郡山南〜橿原北ICなどで通行止めとなる被害が生じた。また、曽爾村、奈良市、天理市、山添村、桜井市、宇陀市、橿原市、五條市、吉野町、川上村、下市町の各一部地域では、雪による倒木の影響で送電線切断・短絡があり停電が多数発生する被害も生じた。
⑱広島県では、死者1名、軽傷者1名の人的被害が生じた。

[気象・海象状況]
 この低気圧の影響で1月14日に最大週間風速が千葉県銚子市で38.5 m/s、東京・三宅島で38.6 m/sを記録するなど、関東地方を中心に暴風が吹き荒れた。また横浜13 cm、東京都心8 cm、千葉市8 cm、甲府市10 cm、仙台市20 cmの積雪を記録するなど、関東を中心に大雪となった。東京都心で積雪が8 cmを記録したのは2006年1月以来7年ぶりであった。15日には低気圧の通過により冬型の気圧配置となり、北日本を中心に293地点で真冬日となった。