台風データ

発生日時: 持続時間:
最大発達率: N, E) 最低中心気圧:
経路
アメダス
850hPa風速

hPa(N,E)

最大発達率の地点(

 
天気図
衛星写真
可降水量
台風の特徴
1998年(平成10年)10月11日にマリアナ諸島の西方海上で発生した台風10号(Zeb)は、発達しながら西北西に進み、14日にフィリピンのルソン島へ上陸した。その後東シナ海上を北東進し、17日に鹿児島県付近に上陸したのち日向灘へ進み、同日夜に高知県に再上陸した。その後中国地方を横切って日本海に進み、18日に温帯低気圧に変化した。
災害情報

[被害情報]

この台風により、少なくとも38道府県で、人的被害、住宅被害、インフラ被害、交通障害、農作物被害などが発生した。

①北海道では、住宅被害として一部損壊3棟が発生した。また、道路損壊が2か所、山がけ崩れが1か所発生した。交通障害ではJR北海道江差線湯ノ岱―江差間で一時不通となったほか、道道登別港線で通行止めが発生した。農作物被害ではリンゴの落果が発生した。

②秋田県では、住宅被害として一部損壊3棟が発生した。農作物被害ではリンゴの落果が発生した。

③山形県では、住宅被害として一部損壊2棟が発生した。

④福島県では、住宅被害として床下浸水1棟が発生した。

⑤栃木県では、住宅被害として一部損壊2棟が発生した。

⑥埼玉県では、人的被害として軽傷者1名が発生した。交通障害としてJR川越線大宮―川越間で上下28本が運休、12本に遅れが発生した。JR武蔵野線は18日午前6時35分~7時54分まで全線で運転見合わせ、上下54本が運休し、62本に遅れが生じた。

⑦千葉県では、住宅被害として一部損壊3棟が発生した。

⑧新潟県では、人的被害として重傷1名、軽傷4名が発生した。また、住宅被害では全壊2棟、半壊8棟、一部損壊146棟が発生した。インフラ被害では停電が約2500戸に発生した。交通障害では18日にJR羽越本線で特急一本が自力走行不能、白新線,越後線,上越線で特急1本,普通列車10本が運休となった。海上では佐渡汽船のジェットフォイル全路線全便が欠航、カーフェリーも直江津小木間と寺泊赤泊間全便、両津新潟間4便が欠航し、航空便は新潟空港で新潟―名古屋間の1往復が欠航した。

⑨富山県では、インフラ被害として停電が120戸で発生した。交通障害としてJR北陸線で急行など13本が運休し、約700人に影響が出た。また、農作物被害として果樹の落果、ネギやキャベツなど野菜の倒伏葉折が発生した。

⑩石川県では、人的被害として重傷1名、軽傷1名が発生した。住宅被害では半壊1棟、一部損壊5棟、床下浸水2棟が発生した。インフラ被害では停電が1330世帯で発生した。交通障害では北陸線で列車18本が運休した。農作物被害として果樹の落果、水産物被害として定置網の破損が発生した。

⑪福井県では、住宅被害として一部損壊21棟、床下浸水1棟が発生した。また、道路損壊6か所、山がけ崩れが7か所発生した。インフラ被害では停電が2275戸に発生した。JR北陸線は急行など13本が運休して約700人に影響を及ぼした。

⑫山梨県では、交通障害としてJR身延線で運転見合わせが発生し、上下線33本が運休した。

⑬長野県では、道路損壊が2か所、山がけ崩れが2か所発生した。インフラ被害として停電が11市町村で約1300世帯に発生した。交通障害では県道豊野南滋賀公園線と県道深沢阿南線が通行止め、鉄道で普通列車8本に遅延が発生した。

⑭岐阜県では、住宅被害として半壊1棟、一部損壊18棟、床上浸水3棟、床下浸水165棟が発生した。また、道路損壊が46か所、山がけ崩れが2か所発生した。農作物被害では柿や梨の落果が発生した。

⑮静岡県では、人的被害として死者1名、軽傷2名が発生した。住宅被害では、全壊1棟、床下浸水3棟が発生した。

⑯愛知県では、人的被害として軽傷2名が発生した。住宅被害では半壊1棟、一部損壊9棟、床下浸水4棟が発生した。

⑰三重県では、人的被害として軽傷2名が発生した。住宅被害では床下浸水1棟が発生した。また道路損壊1か所、堤防決壊1箇所、山がけ崩れ1か所が発生した。インフラ被害では18日に松坂市、四日市市を中心に5600戸で発生した。交通障害では、16日に伊勢湾フェリー3便が欠航、三岐鉄道の東藤原駅―西藤原駅間と三重交通バスの上多気―下多気間が一時不通となった。

⑱滋賀県では、人的被害として重傷1名、軽傷1名が発生した。住宅被害では一部損壊7棟、床下浸水12棟が発生した。

⑲京都府では、文化財被害が2か所発生した。インフラ被害では停電が2800戸で発生した。

⑳大阪府では、住宅被害として一部損壊51棟、床上浸水22棟、床下浸水6棟が発生した。交通障害としては関西空港で12便、大阪空港で48便が欠航した。また道路崩土7か所、冠水4か所、がけ崩れ6か所、河川崩壊2か所が発生した。農作物被害では水稲やミカンの落果が発生した。

㉑兵庫県では、人的被害として重傷1名、軽傷8名が発生した。住宅被害では全壊1棟、半壊1棟、一部損壊481棟、床上浸水39棟、床下浸水548棟が発生した。

㉒奈良県では、住宅被害として一部損壊2棟が発生した。

㉓和歌山県では、人的被害として重傷1名が発生した。住宅被害では半壊1棟、一部損壊133棟が発生した。また、道路損壊58か所が発生した。インフラ被害では停電が約40000戸で発生した。

㉔鳥取県では、住宅被害として全壊2棟、一部損壊1棟、床上浸水40棟、床下浸水427棟が発生した。

㉕島根県では、住宅被害として23棟、床下浸水50棟が発生した。

㉖岡山県では、人的被害として死者5名、行方不明1名、重傷9名、軽傷18名が発生した。住宅被害では全壊19棟、半壊10棟、一部損壊181棟、床上浸水2857棟、床下浸水4737棟が発生した。また、道路損壊1432か所、橋の流失82か所、山がけ崩れ161か所、水産業被害155か所、林業被害426か所が発生した。

㉗広島県では、人的被害として死者3名、軽傷2名が発生した。住宅被害では全壊3棟、一部損壊16棟、床上浸水105棟、床下浸水911棟発生した。また道路損壊505か所、橋の流失6か所、山がけ崩れが1か所発生した。

㉘山口県では、インフラ被害として停電が752戸で発生した。交通障害ではJRの運休、徐行運転、フェリーの欠航、高速バスの運休が発生した。

㉙徳島県では、人的被害として軽傷1名が発生した。住宅被害では半壊3棟、一部損壊57棟、床下浸水16棟が発生した。また、道路損壊57か所、山がけ崩れ7か所が発生した。インフラ被害では、停電が19660世帯、電話不通が205世帯で発生した。交通障害では、航路が高速船徳島関空ライン10便、南海シャトルライン4便、南海フェリーが17日に9便、18日に6便欠航した。陸上は高速バスが徳島阪神間12便運休、5便足止め、一般路線バスは一部運休した。JR牟岐線32本が運休となった。航空では東京線1便、大阪線1便名古屋線2便が欠航となった。

㉚香川県では、住宅被害として一部損壊1棟、床下浸水4棟が発生した。

㉛愛媛県では、人的被害として死者2名、重傷1名、軽傷1名が発生した。住宅被害として全壊5棟、半壊2棟、一部損壊16棟、床上浸水153棟、床下浸水2016棟が発生した。また西条市では農業用施設20か所、林道13か所、市道20か所に被害が出た。

㉜高知県では、人的被害として重傷2名、軽傷1名が発生した。住宅被害では一部損壊3棟、床下浸水45棟が発生した。

㉝福岡県では、住宅被害として一部損壊2棟、床下浸水1棟が発生した。また山がけ崩れが1か所発生した。交通障害ではJR九州―東京・大阪間寝台特急上下12本運休、西鉄で福岡―鹿児島・宮崎・延岡間の高速バス運休、関門自動車道関門橋で17日23時まで速度規制が発生した。空路は福岡空港発着37便欠航、航路は高速船、フェリーが欠航した。

㉞長崎県では、交通障害として17日は長崎航空全便,日本航空3往復,エアーニッポン鹿児島線,日本エアシステム1往復,全日空1便が欠航し、航路もほぼ欠航した。JRは寝台特急2往復、長距離バスが午後から運休した。インフラ被害では長崎市神の島で一時停電が発生した。

㉟大分県では、人的被害として死者1名、軽傷3名が発生した。住宅被害では半壊1棟、一部損壊7棟、床上浸水426棟、床下浸水1704棟が発生した。また、道路損壊9か所、山がけ崩れ46か所が発生した。交通障害ではJR日豊線、豊肥線、久大線とも運休、海上も欠航、空路も17日昼過ぎから欠航が相次いだ。農作物被害は水稲の冠水、倒木、野菜の茎折などが生じた。

㊱宮崎県では、重傷1名、軽傷2名が発生した。住宅被害では半壊4棟、一部損壊115棟、床上浸水25棟、床下浸水60棟が発生した。また、交通障害では多くの運休が発生した。農作物被害として水稲の倒伏や果実の落果などが発生した。

㊲鹿児島県では、人的被害として軽傷1名が発生した。住宅被害では一部損壊2棟、床上浸水1棟、床下浸水87棟が発生した。インフラ被害では停電が徳之島町約1100戸、名瀬市108戸、肝属郡佐多町200戸で発生した。交通障害は16日から18日の間、多くの欠航が相次いだ。

㊳沖縄県では、住宅被害として半壊1棟、一部損壊4棟、床上浸水2棟、床下浸水20棟が発生した。インフラ被害では停電が2600世帯、八重山で1180世帯に発生した。また電話不通が36世帯で発生した。交通障害では、航空便が16,17日で日本トランスオシャン航空が30便、エアー日本が10便、琉球エアーコミューターが10便欠航し、航路では15、16、17日で離島航路の194便が欠航した。

[気象・海象状況]

18日に和歌山県和歌山で最大風速29.3m/s、最大瞬間風速53.8m/sを観測した。石川県金沢でも最大瞬間風速43.1m/sを観測した。

17日には沖縄県喜屋武岬で7.82mの有義波高を観測した。岡山県津山では17日21時から18日1時までの4時間雨量が157mmに達した。